高血圧を下げる運動

血圧を下げる運動

血圧を下げる運動

 

健康診断で血圧が高いと診断されると。主治医から「適度な運動」をすすめられることがあります。いわゆる「運動療法」といわれるものです。

 

実は、私の母は年をとってから高血圧になって一時期は薬を飲んでいたのですが、ジムに通って水泳をはじめたところ、血圧が徐々に下がり今では薬も飲まなくなりました。

 

たまたま、うちの母に水泳が合っていたというのもあるのだとは思いますが、水泳でなくとも、血圧を下げると言われている運動はいろいろとあります。

 

また、高血圧の人にとって、好ましい運動と好ましくない運動もありますので、注意点も含めて調べたことをお話していきますね。

 

重症の高血圧や、労作性狭心症や心不全などの合併症がある方は、運動をはじめる前に主治医と相談しましょう。

 

高血圧に好ましい運動と好ましくない運動

まず、高血圧の人にとって、好ましい運動と好ましくない運動ですが、

 

好ましい運動・・・有酸素運動

 

好ましくない運動・・・無酸素運動

 

と覚えておきましょう。

 

高血圧を改善するためには、有酸素運動を意識的に行うようにしましょう

 

心血管病がある場合は別ですが、適度な運動は高血圧の改善にいい影響を与えますから、意識的でできることを取り入れていくといいですよ。

 

有酸素運動というのは、体内の糖分や脂肪分を酸素を使って分解してエネルギーに変える運動です。
有酸素運動の例を具体的にあげておきます。

 

有酸素運動の一例
  • 散歩
  • ラジオ体操
  • ストレッチ
  • ウォーキング
  • ジョギング
  • サイクリング
  • 水泳
  • テニス

 

私の母は、主治医と相談して水泳をはじめましたが、話を聞いていると、ジムまで散歩がてら歩いたりしていたようですので、意識的に歩くというだけでも、血圧にはいい影響があるのかもしれません。
それほど気合いをいれなくても、ラジオ体操を習慣にするのもいいかもしれないですね。

 

ラジオ体操

 

 

一方、高血圧の人が避けたほうがいいのが「無酸素運動」です

 

運動の強度が高くて、酸素を十分に使えないトレーニングを多く含みます。運動とはとらえにくいかもしれませんが、日常生活の中でも、重いものを持ち上げたり、降ろしたりする動作(ふとんのあげおろしなど)は無酸素運動になります。

 

無酸素運動の一例
  • 筋力トレーニング(ウェイトトレーニング)
  • 重量あげ
  • 短距離走
  • 中距離走
  • バーベル
  • 重い物の上げ下ろし
  • 重い荷物の持ち運び

 

あくまでもイメージ的なものですが、手足の動きが小さい動作は、無酸素運動であることが多いです。高血圧の方は、意識的な運動として、筋力トレーニングなどは避けるようにしたほうがいいですね。

 

 

もしも運動が続かないなら?

運動は、もともと身体を動かすのが好きな人にとっては、ストレスの解消になったり良いことも多いのですが、運動が苦手な人にとっては続けるということが苦痛ですよね?

 

そこで、運動は意識して歩く程度に取り入れて、「トクホ」のサプリメントをはじめてみませんか?

 

血圧が下がることが科学的に確認がなされているので、「続ける気持ちにもなりやすいかな」と思います。
無理なくはじめられる価格帯的のトクホをご紹介しておきますね。

 


高血圧を下げる運動と体操の関連記事

血圧を下げる生活習慣の修整とは?
高血圧の治療の一環として行われる血圧を下げる方法としての生活習慣の修整について紹介しています。生活習慣の修整には、6つの項目があり、血圧を下げる方法として知られています。
食塩制限について
血圧を下げる方法として、高血圧の治療における生活習慣の修整では、食塩の制限を重要なものとして位置づけています。血圧を下げる方法として食塩制限を考えてみませんか?
体重制限について
血圧を下げる方法としての体重制限について紹介しています。体重制限は血圧を下げる方法としてだけではなく、生活習慣病の予防としても重要です。最近では、メタボリックシンドロームでもお馴染みですね。
飲酒制限について
血圧を下げる方法として、高血圧の治療の効果をあげるためには飲酒制限は重要な事項です。血圧を下げる方法としては、飲酒はゼロにしなくても大丈夫。適度な量と飲み方を心がけましょう。