高血圧の治療法 食塩制限

高血圧の食塩制限について

血圧を下げる方法のひとつ、食塩制限について説明します。

 

高血圧の人は食塩の摂取量を1日6グラム以下になるようにします。

 

ただし、これは、一般的な数字で、腎臓などが悪い人は、もっと少なくする必要があります。
医師の指示に従って、目標を立てましょう。

 

参考までに、日本人の現在の食塩摂取量の平均は約11gと言われています。
先進諸国の中でも、摂取量は多めです。
これは、しょうゆや、味噌などを使う食文化も影響しているといわれています。

 

ちなみに、2010年4月厚生労働省により発表された健康な人の食塩の摂取目標値は、

  • 男性:9g未満
  • 女性は8:7.5g未満

となっています。

 

食事を気にしたくない方へ
製薬会社エーザイから

血圧ケアモニター募集のお知らせです

 


詳しいご案内はこちら⇒

 

 

血圧を下げる方法|食塩制限と血圧を下げる方法の関連記事

血圧を下げる生活習慣の修整とは?
高血圧の治療の一環として行われる血圧を下げる方法としての生活習慣の修整について紹介しています。生活習慣の修整には、6つの項目があり、血圧を下げる方法として知られています。
体重制限について
血圧を下げる方法としての体重制限について紹介しています。体重制限は血圧を下げる方法としてだけではなく、生活習慣病の予防としても重要です。最近では、メタボリックシンドロームでもお馴染みですね。
飲酒制限について
血圧を下げる方法として、高血圧の治療の効果をあげるためには飲酒制限は重要な事項です。血圧を下げる方法としては、飲酒はゼロにしなくても大丈夫。適度な量と飲み方を心がけましょう。
運動について
高血圧症の人は、適度な有酸素運動をすることが高血圧が改善するのに有効です。毎日できる簡単な運動を取り入れましょう。