高血圧の治療と種類

高血圧を治療する目的

高血圧の治療について理解してから血圧を下げる方法を実践しましょう。

 

高血圧の治療をいうと、血圧値を下げることだけを思い浮かべる人も多いようですが、さらに重要なのは、血圧をさげることによって、高血圧の合併症を予防する目的もあります。
高血圧の合併症には、脳卒中・狭心症・心筋梗塞・腎障害・眼底出血などの
心血管病があげられます。

 

高血圧の改善は、これらの病気の予防にもなるのです。

治療法について

  • 一般療法:生活習慣の修整のことです。非薬物療法ともいわれます。
  • 薬物療法:降圧薬による治療のことす。
  • 手術療法:二次性高血圧で行われています。

 

高血圧症の90%以上といわれている本態性高血圧の治療は、
一般療法と薬物療法で行われます。

 

治療方針の決定について

高血圧の治療では、軽症、あるいは中等症の場合は、一般療法の生活習慣の修整からはじめることがほとんどです。
生活習慣の修整を実施して、それで効果があらわれない時に、薬物療法を行います。

 

ただし、薬物療法を行ったからといって、生活習慣を修整しなくても言いというわけではありません。高血圧の改善では、生活習慣を修整はベースとなる部分で、生活習慣を修整することで薬物療法でもいい効果があらわれることが知られています。

 

重症の高血圧の場合は、薬物療法からはじめることもあります。
この場合も、生活習慣を修整することは重要です。

高血圧の治療の種類の関連記事

本態性高血圧とは?
高血圧改善ガイドの本態性高血圧のページです。一言で高血圧といっても、本態性高血圧と二次性高血圧に分かれます。サイレントキラーと言われる高血圧と上手に付き合うために、あなたの高血圧を理解しましょう。
二次性高血圧とは?
高血圧改善ガイドの二次性高血圧のページです。一言で高血圧といっても、本態性高血圧と二次性高血圧に分かれます。 サイレントキラーと言われる高血圧と上手に付き合うために、あなたの高血圧を理解しましょう。
高血圧の分類とリスク
高血圧改善ガイドの高血圧の分類のページです。 血圧値による高血圧の分類と、リスクによる高血圧の分類を紹介しています。