高血圧の分類

高血圧の分類

高血圧の分類ついて理解してから血圧を下げる方法を実践しましょう。

 

高血圧というと、血圧値(血圧が高い・低い)が重要と思いがちですが、実は、血圧が高いことで引き起こされる確立が高くなる脳卒中・狭心症・心筋梗塞・腎障害・眼底出血などの心血管病のリスクを考えることがより重要です。

 

同じ血圧値でも、体型、生活習慣(喫煙・飲酒など)、持病などの危険因子によって心血管病を起こしやすいかどうかが変わってきます。
高血圧を治療する上では、血圧値による分類と、リスクによる分類を合わせて考えて治療方針が立てられます。

自分のリスクを知ることが大切です

嫌な事にには目をつぶりたくなるのが本音だと思いますが、
高血圧の場合は、自分が抱えているリスクをきちんと知ることが大切です。
高血圧の症状を改善することができれば、
それに起因する病気を予防することにもつながります。

 

「薬を飲むのが嫌だから医者に行きたくない」という人もいますが、
『低リスク群』か『中等リスク群』の人の場合は、
生活習慣の修整からはじめることがほとんどです。

 

自分でできる高血圧の改善法もありますから、
自分の高血圧をきちんと知るところからはじめましょう。

 

高血圧の分類とリスクの関連記事

本態性高血圧とは?
高血圧改善ガイドの本態性高血圧のページです。一言で高血圧といっても、本態性高血圧と二次性高血圧に分かれます。サイレントキラーと言われる高血圧と上手に付き合うために、あなたの高血圧を理解しましょう。
高血圧の治療の種類
高血圧改善ガイドの高血圧の治療の種類を紹介するページです。高血圧を治療には選択肢があることを知って、できるところからはじめましょう。
二次性高血圧とは?
高血圧改善ガイドの二次性高血圧のページです。一言で高血圧といっても、本態性高血圧と二次性高血圧に分かれます。 サイレントキラーと言われる高血圧と上手に付き合うために、あなたの高血圧を理解しましょう。